カシメ・ハトメ専門店パーツラボ

円錐台の形をした底鋲、傘型のカシメ金具のご紹介

底鋲カシメ・傘型9mm

底鋲は鞄の底につけて擦り切れを防止する金具です。 円錐台(円を底面とした錐台で、横から見ると台形です)の形をしているため「傘型」と呼ばれます。 底の部分は真鍮で、樹脂製の中身をくるんでいますので通称「クルミ」、中心に鉄製の軸が伸びてカシメとして機能します。

この底鋲カシメ傘型9mmは数量に限りがあるため、在庫がなくなり次第販売を終了します。 通常の飾りカシメと違い、中身がしっかり詰まっていますので、傘の部分を下にして大カシメ入門セットなどの大カシメの打棒を利用して、鞄内側から叩いてください。

底鋲カシメ傘型9mmドロプラ

底鋲カシメ傘型9mm(ドロプラ)

底鋲カシメ傘型9mm(ドロプラ)寸法サイズ

名称 底鋲カシメ傘型9mmドロプラ(難あり)
材質 真鍮、鉄、樹脂の混合
鍍金 ドロプラ
入数 4組入り
価格 350円
数量

こちらの製品は少々難あり製品となります。予めご了承ください。
「ドロプラ」は、非常に金色味の強い鍍金カラーで、アンティーク・ゴールドと呼ばれるような色目になります。 軸の実寸は約6mm程度の足が短めの製品ですので、厚みが3mm以下のものにお使いください。

掲載写真は見やすいように拡大・縮小しておりますので、ご購入の際には記載の底びょう傘型くるみ9mmの寸法数値をよくご確認ください。
なお実際のドロプラの色目はご覧のモニターにより、写真と異なる場合があります。

パーツラボの底鋲カシメ一覧に戻る

底鋲カシメ傘型9mmアンティーク

底鋲カシメ傘型9mm(アンティーク)

底鋲カシメ傘型9mm(アンティーク)

名称 底鋲カシメ傘型9mmアンティーク(難あり)
材質 真鍮、鉄、樹脂の混合
加工 アンティーク
入数 4組入り
価格 350円
数量

こちらの製品は少々難あり製品となります。予めご了承ください。
渋い焼いた銅のような色のアンティーク鍍金となります。このアンティークは黒鍍金に近いトーンの低い色で、黒い布地や革に違和感なく溶け込みます。 足の実寸は約7mmとやや長めの製品ですので、厚みが4mm以下のものにお使い頂けます。

実際のアンティークの色は、ご利用のモニター・ディスプレイの環境により上記写真と少々異なりますので、ご注意ください。 なお写真は見やすいように拡大して掲載しております。ご購入の際には実際の底びょう傘型くるみ9mmの記載寸法数値をご確認いただきますようお願い致します。

パーツラボの底鋲カシメ一覧に戻る