カシメ・ハトメ専門店パーツラボ

2穴式レバーアーチ型リングファイル金具の紹介

2穴式レバーアーチ型リングファイル金具

「レバーアーチ型」は通常のリングバインダーと構造が異なり、表紙に対して垂直に立てた「D」型のリングをレバーで操作します。 主に大容量収納タイプで、多くの書類を綴るために使われているため、ファイル用2穴が主流です。

金具本体の幅は非常に小さいのですが、リングそのものの高さが非常にあるため、ファイルバインダー自体は厚みのあるものに仕上がります。 当店では、通常の「レバーアーチ式」と、用紙を抑える用の「コンプレッサーバー付き」の二種類の取扱があります。

2穴式レバーアーチ型リングファイル金具

2穴式レバーアーチ型リングファイル金具

名称 2穴式レバーアーチ型リングファイル金具
該寸 本体幅:95mm
用紙おさえ部分:120mm
全長:150mm×55mm
リング 55mmタイプ75mmタイプ
材質 鉄/樹脂)
表面加工 ニッケル鍍金(梨地処理)

ただいま店頭販売しておりません。ご希望の方はお問い合せください。

表紙に接着させる本体の底面は幅95×55mmとなりますが、レバー部分と紙の抑え(コンプレッサー)を加えると150mmの幅となります。 本体表面は指紋のつきにくいザラッとした加工(梨地)を施しています。

装丁金具一覧に戻る

スマートタッチ2穴式レバーアーチ型リングファイル金具

スマートタッチ2穴式レバーアーチ型リングファイル金具

名称 スマートタッチ2穴式レバーアーチ型リングファイル金具
該寸 本体幅:95mm
用紙おさえ部分:130mm
全長:170mm×55mm
リング 2穴タイプ55mm2穴タイプ75mm2穴タイプ85mm
材質 鉄/ニッケルメッキ

ただいま店頭販売しておりません。ご希望の方はお問い合せください。

オープンしやすい「スマートタッチ」シリーズの製品。レバー部分と紙の抑え(コンプレッサー)を加えると170mmの幅となります。 よく手が触れるレバーとコンプレッサー部分は黒い樹脂製のカバーで覆われています。

装丁金具一覧に戻る