カシメ・ハトメ専門店パーツラボ

幅25mmの袋紐やテープ紐の先端をほつれないよう保護するための先止め金具を販売中です

幅25mm用先止め金具

先止め金具使用イメージ

25mmのポリプロピレン製などの紐の先端を保護するための金具です。 ポリプロピレン厚地テープ(PPテープ・リプロンテープ)の端を補強するのにもどうぞ。 カットした端からほつれてくる素材に対し、先端を処理したうえでこの先止め金具で保護することで、美観をととのえ製品を長持ちさせます。 鉄製の「く」の字に曲がっている部分を折って紐に噛ませます。 上下3コ・2コの計5コの刺のようなツメで、紐に食い込ませるようにさせて取り付けます。

取付けお実際の作業ではペンチにあて木やあて布をして、金具本体にキズがつかないようにしてご注意ください。 数が多い場合はハンドプレスで取付ける為の専用駒がオススメです。ご入用の方はお手数ですが別途お問い合わせください。

幅25mmですので、同じく幅25mmのシンプルな四角カン小カン2×25×7小カン3×25×11角カン3×25×15も一緒にオススメします。 もちろん管美錠25mm細口や、一本線送り25mmも同じく25mm用の、袋紐に使われる紐調節金具です。

ゆとりを持って接続させたい時は、Dカン内径25mmや、月カン24などは同じ内径25mmの接続金具としてオススメ。 また自由に接続開閉ができる鉄砲ナスカン24mm24mm網ナスカンもまた幅24mm寸の紐使用を想定していますので、用途にあわせてご検討ください。

先止め25mm

先止め金具25mmニッケル

先止め金具12ニッケルの寸法数値

名称 先止め金具25mmm
サイズ(mm) 約25mm×約9mm
材質
加工 ニッケル
個数 10コ入
価格 200円

数量

ニッケル鍍金をかけ、生のままの鉄よりキズがつきにくい、美しい白銀色のお色に仕上げられています。 鉄製の本体のスタンダードな25mm寸タイプです。

この写真は分かりやすいように拡大・縮小していますので、ご購入の際には先止め金具25mmの寸法数値をよくご確認いただきますようお願い致します。 ご覧のモニターにより、実際のニッケル鍍金の色目が異なる場合があります。

パーツラボの紐止金具一覧に戻る

先止め25mm

先止め金具25mm黒ニッケル

先止め金具12黒ニッケルの寸法数値

名称 先止め金具25mmm
サイズ(mm) 約25mm×約9mm
材質
加工 黒ニッケル
個数 8コ入
価格 350円

数量

鉄製の本体に、黒ニッケル鍍金をかけて、シックな黒色に仕上げました。 見る角度によって金属特有の硬質な輝きがあり、目立たない落ち着いた色合いになっています。

この写真は分かりやすいように拡大・縮小していますので、ご購入の際には先止め金具25mmの寸法数値をよくご確認いただきますようお願い致します。 ご覧のモニターにより、実際の黒ニッケル鍍金の色目が異なる場合があります。

パーツラボの紐止金具一覧に戻る

角カン(小カン)25mmとの合わせ方について

2017/10/02 ご質問があったため、お答えします。 「先止金具で2本の紐を束ね、四角い角カンと接続することはできますか?」というご質問をいただきました。 何かに留めて角カン(小カン)と接続するのによく使われるのは角ビラカンなどが多いですが、 シンプルに本製品先止め金具と接続するなら、以下のような形式でも事足りるのではないかと思います。 角カンと先止めを使った紐接続

ただ実際は、一本の紐を折り、折り目のところに角カン(小カン)、先端の方にに先止めを使うことが多いです。

ここでは2本の紐を離れないよう束ねて、つなぎ目を先止めでカバーします。このまとめて束ねるまえに環状になった紐を角カンを通し、そのうえで先止めで固定しています。 ポイントはカシメ(もしくはハトメ)を使って角カンの外側の辺を留めること。角カンが上下に移動しないよう留めてしまってください。 この場合の角カンは、先止めの奥行き以上の懐の角カンをお使いください。

具体的には、本製品「先止め25mm」なら奥行き9mmのため、問題なくお使いいただけるのは懐15mmの角カン3×25×15、少々ギリギリになりますが奥11mmの小カン3×25×11になります。

パーツラボの紐止金具一覧に戻る