カシメ・ハトメ専門店パーツラボ

Dカンの種類、サイズ一覧

Dカンとは

Dカン使用例:鞄などの肩紐や取っ手紐との接続によく使われます

Dカンは、一辺は直線、もう一辺は弧を描いた弓の形をしたカン金具で、半円の形をしているため「並半月」とも呼ばれます。 英数字「D」の形をしたものは月カンです。

内径の幅と奥行きの比率で、Dカンには複数種類があります。詳しくはDカンの種類をご一読ください。 Dカンのうち先端を圧着させ強度を高めたもの犬カンと呼び、ペット用品に使われています。

いずれも紐などの接続に使われる事が多いです。 その際は、Dカンのカーブ側を接続する紐に使います。 そうすることで紐がカーブに沿ってある程度の可動性を確保できるようになり、柔軟な持ち運びが可能となります。

パーツラボのカン一覧に戻る

Dカンのサイズ一覧

dカンは、内径(幅)と線径(線の太さ)でお選びいただけます

  • 幅7mm〜10mm…ストラップや、アクセサリー小物に使われるサイズ
  • 幅12mm〜19mm…キーケース、化粧ポーチなどの小雑貨に使われるサイズ
  • 幅20mm〜29mm…サイトポーチ、ポシェット、PP紐の調節に使われるサイズ
  • 幅30mm〜39mm…ポシェット、ショルダーバッグ、ビジネスバッグに使われるサイズ
  • 幅40mm〜50mm…トートバッグ、大ぶりのバッグに使われるサイズ
Dカン幅7mm〜10mm
対応幅 品名 線の太さmm 内径(a×d)mm 外径(b×c)mm 溶接 表面処理 入数 価格 購入
7mm Dカン1.6×7 線径1.6mm 7×5mm 11×8mm 溶接なし ニッケル 30コ ¥200
10mm Dカン1.8×10 線径1.8mm 10×7mm 14×9mm 溶接なし ニッケル 30コ ¥200
黒ニッケル 25コ ¥200
アンティーク 22コ ¥250
犬カン10mm 線径2mm 10×11mm 15×14mm バット溶接済 ニッケル 6コ ¥300

パーツラボのカン一覧に戻る

Dカン幅12mm〜19mm
対応幅 品名 線の太さmm 内径(a×d)mm 外径(b×c)mm 溶接 表面処理 入数 価格 購入
12mm Dカン2×12 線径2mm 12×8mm 14×12mm 溶接なし ニッケル 28コ ¥200
黒ニッケル 20コ ¥200
本金メッキ 6コ ¥200
アンティーク 17コ ¥200
犬カン12mm 線径3mm 19×20mm 13×13mm バット溶接 ニッケル 6コ ¥300 品切れ
15mm Dカン2×15 線径2mm 15×11mm 19×15mm 溶接なし ニッケル 25コ ¥200
アンティーク 15コ ¥200
本金メッキ 6コ ¥200
Dカン3×15 線径3mm 15×6mm 21×12mm 溶接なし ニッケル 13コ ¥200
黒ニッケル 10コ ¥200
アンティーク 11コ ¥300
犬カン15mm 線径3mm 16×16mm 22×22mm バット溶接 ニッケル 5コ ¥300
18mm Dカン2×18 線径2mm 18×7mm 22×11mm 溶接なし ニッケル 20コ ¥200
アンティーク 15コ ¥250
Dカン3×18 線径3mm 18×5mm 22×11mm 溶接なし ニッケル 15コ ¥250
黒ニッケル 12コ ¥250
アンティーク 10コ ¥300
犬カン18mm 線径3.5mm 27×27mm 19×19mm バット溶接 ニッケル 4コ ¥300

パーツラボのカン一覧に戻る

Dカン幅20mm〜29mm
対応幅 品名 線の太さmm 内径(a×d)mm 外径(b×c)mm 溶接 表面処理 入数 価格 購入
21mm Dカン2×21 線径2mm 21×16mm 25×20mm 溶接なし ニッケル 17コ ¥200
Dカン3×21 線径3mm 21×15mm 27×21mm 溶接なし ニッケル 13コ ¥250
黒ニッケル 10コ ¥250
本金メッキ 4コ ¥300
アンティーク 9コ ¥300
犬カン21mm 線径3.5mm 21×21mm 29×30mm バット溶接 ニッケル 4コ ¥350
24mm 犬カン24mm 線径4mm 24×24mm 34×34mm バット溶接 ニッケル 4コ ¥350
25mm Dカン2×25 線径2mm 25×17mm 29×21mm 溶接なし ニッケル 15コ ¥200
Dカン3×25 線径3mm 25×17mm 31×23mm 溶接なし ニッケル 13コ ¥250
黒ニッケル 9コ ¥250
本金メッキ 4コ ¥300
アンティーク 8コ ¥300
Dカン4×25 線径4mm 25×15mm 33×23mm 溶接なし ニッケル 7コ ¥250
28mm Dカン3×28 線径3mm 28×29mm 34×35mm 溶接なし ニッケル 10コ ¥250
黒ニッケル 7コ ¥250
アンティーク 7コ ¥300

パーツラボのカンに戻る

Dカン幅30mm〜39mm
対応幅 品名 線の太さmm 内径(a×d)mm 外径(b×c)mm 溶接 表面処理 入数 価格 購入
30mm Dカン3×30 線径3mm 30×20mm 36×26mm 溶接なし ニッケル 10コ ¥250
黒ニッケル 7コ ¥250
本金メッキ 4コ ¥300
アンティーク 7コ ¥300
Dカン4×30 線径4mm 31×32mm 39×40mm 溶接なし ニッケル 6コ ¥250
本金メッキ 2コ ¥350
犬カン30mm 線径4mm 30×30mm 38×38mm バット溶接 ニッケル 3コ ¥350
35mm Dカン3×35 線径3mm 35×24mm 41×30mm 溶接なし ニッケル 9コ ¥250
黒ニッケル 7コ ¥250
アンティーク 6コ ¥300
Dカン4×35 線径4mm 35×23mm 43×31mm 溶接なし ニッケル 7コ ¥300

パーツラボのカンに戻る

Dカン幅40mm〜50mm
対応幅 品名 線の太さmm 内径(a×d)mm 外径(b×c)mm 溶接 表面処理 入数 価格 購入
40mm Dカン3×40 線径3mm 40×25mm 46×31mm 溶接なし ニッケル 8コ ¥250
黒ニッケル 6コ ¥250
アンティーク 6コ ¥300
犬カン4×40 線径4mm 40×26mm 50×34mm ロー付け ニッケル 1コ ¥210
Dカン4×40 線径4mm 40×26mm 48×34mm 溶接なし ニッケル 6コ ¥300
本金メッキ 2コ ¥350
アンティーク 4コ ¥350
犬カン5×40New 線径5mm 26×37mm 36×50mm ロー付け ニッケル 1コ ¥240
45mm Dカン4×45 線径4mm 45×32mm 53×40mm 溶接なし ニッケル 7コ ¥350
50mm Dカン3×50 線径3mm 50×35mm 56×41mm 溶接なし ニッケル 6コ ¥300
黒ニッケル 5コ ¥350 品切れ中
アンティーク 5コ ¥350
犬カン4×50 線径4mm 50×36mm 61×44mm ロー付け ニッケル 1コ ¥230
Dカン4×50 線径4mm 50×36mm 58×44mm 溶接なし ニッケル 6コ ¥350
黒ニッケル 4コ ¥350
アンティーク 4コ ¥350
犬カン5×50 線径5mm - - ロー付け ニッケル 1コ ¥390

なお当店のDカンは只今すべて鉄製となっております。ステンレスや真鍮やイリジウムをご希望の方はご容赦ください。

パーツラボのカン一覧に戻る

Dカンの種類

Dカンは、内径の幅と高さの比率、形状で大きく分けて4つの種類があります。
  • Dカン……内径寸法の幅×奥行が、だいたい10:7ぐらいになっている製品。
  • 山高Dカン……内径寸法の幅に対する奥行が長く、10:10かそれ以上になっているDカン。厚いもの用。
  • 月カン……懐に四角いスペースがあるDカン。幅×奥行の比率は、ほぼDカンと同じ10:7程度。
  • 背高月カン……内径寸法の幅に対する奥行が長く、10:10かそれ以上になっている月カン。厚いもの用。

当店の犬カンの殆どは、山高Dカン・背高月カンを溶接したものとなります。(全てではありません。幅30mm犬カンまでが対象です) そのため同幅のDカン・月カンに比べて、奥行きが深くなっています。

掲載している犬カン以外の山高Dカン、背高月カンは現在販売していませんが、ご入用の方はお問い合せください。ただ数量ロットは多くなります。

その他、Dカンの種類には、平押し加工を行なって平たくしたものや、ネジ式Dカンで取外しができるもの(手カン)などがあります。

パーツラボのカン一覧に戻る

Dカンの選び方

dカンは、内径(幅)と線径(線の太さ)でお選びいただけます

基本的にはサイズでお選びいただきます。
直線部分(a)を「内径」と呼び、ここが通すテープ(紐)幅にあたります。

紐や通すものが厚い場合、または何重かかさねる場合は、奥行き(d)を重視します。

「線径」が鉄線そのものの太さとなります。線が太ければ太いほど強度は高くなりますが、金具自体は重くなります。 また線の先端を繋げていないDカンや月カンは、線径の値が小さいほどペンチで開けやすくなります。

パーツラボのカン一覧に戻る

犬カンとは

犬カンは、強度が高めの(山高)Dカンとして販売しています。 Dカンには、線の端が繋がったものと、そうでないものがあります。 先端を繋げる事で、引っ張り強度が上がり、強い力で引っ張っても形が崩れにくくなりますので、負荷のかかるペット用金具などに使われる事が多いです。

犬カンのうち、「バット溶接」は、Dカンの先端同士を付き合わせ、電気を使って溶接する溶接加工のことです。 バット溶接は線がスラッと一続きになり、繋ぎ目があまり目立ちません。

ロウ付け」は、異なる金属を溶かして糊のようにつかって接着させます。 幅40mm以上のDカンの溶接は全てロウ付けになります。ロウ付けの場合は、金属の「被せ」がパッと見でも明らかで、繋ぎ目は少々目立ちます。

パーツラボのカン一覧に戻る

尚、本ページ掲載商品以外で、別注製作その他ご希望のある方はパーツラボへお問合せください。