カシメ・ハトメ専門店パーツラボ

B7リング8mmスリムなシステム手帳バインダー金具N127-6-8R-10SR

B7システム手帳用バインダー金具(リング8mm)

当店取扱のシステム手帳用リングバインダー金具のうち、ミニ6穴サイズ、もしくはポケットサイズと呼ばれる手帳に対応するものが、B7寸タイプです。

とくに本ページでは非常に薄い背幅でスリム手帳を作成するのに最適「バインダー金具N127-6-8R10SR」をご案内します。 ビスやカシメで固定するタイプのバインダーはどうしても本体に貫通させるための穴が必要ですが、取付金具不要のタイプですので可能な限り本体背幅を狭く仕上げることができます。

リング内径8mm、背幅が約10mmという、B7サイズの薄手システム手帳を作りたい時に最適な仕様。 手帳用としてスタンダードな6穴式で、金具の長さ約13.5センチと手帳サイズにピッタリです。

バインダー金具一覧に戻る

バインダー金具N127-6-8R10SR

バインダー金具N127-6-8R-10SR(ニッケル)

名称 バインダー金具N127-6-8R-10SR
サイズ 金具全長:約134mm
金具全幅:約11mm
リング内径:約8mm
材質
加工 ニッケルメッキ
個数 1本入
価格 ¥540
¥486

数量

ご購入の前には、取り付けリフィルのサイズをよくご確認ください。

N127-6-8R-10SRの寸法サイズ

B7寸スリムバインダー金具の背板と本体

背付きタイプのバインダー金具は、バインダー金具本体と背の2つでワンセットです。 N127-6-8R-10SRも例外ではありません。 当店取扱のバインダー金具のうち、B7寸のポケットサイズで取付金具不要タイプは、この製品とバインダー金具127-6-15R-15SRのみなります。

バインダー金具N127-6-8R-10SRのツメ部分

バインダー金具N127-6-8R-10SRの取付けは少々変わっています。 他の背付き(Nで始まる製品名の)バインダーと同じく、カシメや鋲(リベット)は必要ありませんが、背についている爪を金具に食い込ませ取付けます。

これは可能なかぎり背幅を狭くするために必要な仕様です。
しかし取付がワンタッチな分、一度間違って取り付けてしまうとツメの強度が下がり、取付けしにくくなりますので注意してお取付けてください。

N127-6-8R-10SRの重要部分の説明

ご注意ください:このバインダー金具は縦寸からB7(縦)対応としていますがあくまで目安です。 お使いになるバインダー用紙(リフィル)の穴の間隔と、金具の長さを必ずご確認ください。 用紙に開いている穴と、金具のリングの間隔をあわせないと使えません。

バインダー金具一覧に戻る

背付きバインダー金具のお取付けにつきまして

背付きバインダーの取付け一例イメージ

よくご質問いただくバインダー金具N127-6-8R-10SRの取付けですが、一番正しいやり方というのはございません。

ただこの製品に関していうと、両端が折るタイプのツメ式になっているため、左記画像のように考えていただければ幸いです。 背表紙を袋状にして背板を差し込むイメージです。こうすることで背表紙が左右にブレず、特定の位置で固定されます。

表紙を二重構造に作るのが分かりやすいですが、背の部分だけポケットにしても良いかと思います。

また縫うのが面倒な場合や、しっかりした安定感が欲しい場合、両面テープや接着剤などを金具本体につけて固定される方もいらっしゃいます。

上述の内容はあくまで一例です。背表紙につかう素材(布貼りの紙、厚いキャンバス地、革、プラ素材)芯として何か入れるか入れないか等により、仕様の詳細や縫い方はアレンジしてください。

バインダー金具一覧に戻る