カシメ・ハトメ専門店パーツラボ

リングスナップボタン(アメリカンホック)真鍮製ニッケル販売

リングスナップボタン(アメリカンホック)

薄手の布につけやすいリングスナップ、スナップボタンなどと呼ばれる製品です。 リング状のスナップは服飾雑貨、手芸で使われる手軽なホックで、金属製の物以外に樹脂製(プラホック)が多く使われています。 樹脂製ホックは金属アレルギーが心配されるお子様や肌着などに最適ですが、経年劣化により脆くなったり変形する事もあるため、屋外使用やある程度の耐久性が求められる場合は金属製のものをご検討ください。

リングスナップは、リング直径が8mm、9mm、11mmのものとサイズ各種あり、また「頭(ヘッド)」が人目につくように丸い釦になっている10mmアメリカンホック巻頭があります。 本ページではリング径10mm両リングのもので、衣類などによく使われます。 当店のリングスナップは錆びにくく加工しやすい真鍮製ですので、安心して永くお使いいただけます。

他のホック類に比べ取付は、比較的手軽に扱えるの特徴。ペンチのような「サプライヤー」と呼ばれるものや専用の打ち具でお取付けされる方が殆どですが、多く取付けなさる場合は、 ハンドプレスに取付けて使う打駒アメリカンホック用をご検討ください。

真鍮製リングスナップボタン10mm

真鍮製リングスナップボタン10mm

真鍮製リングスナップボタン10mm寸法

名称 真鍮製リングスナップボタン10mm
サイズ 頭10mm
材質 真鍮
加工 ニッケルメッキ
個数 6セット入
価格 200円

錆びにくく加工しやすい真鍮製の本体に、表面をニッケル鍍金で加工した「真鍮製リングスナップボタン10mm」です。 ニッケル鍍金は、シルバー色をしており、日用品としてお使いいただくのに過不足ない耐久性をもっています。 ツメの山が約3mmありますので、取り付ける布や革が3mmまでの厚みのものにお使いください。

この写真は分かりやすいように拡大していますので、ご購入の際にはリングスナップボタン10mmの寸法数値をよくご確認いただきますようお願い致します。 実際のニッケル鍍金の色はご覧のモニターにより、写真と異なる場合があります。

パーツラボのホック一覧

アメリカンホックのツメにつきまして

アメリカンホックの「ツメ」の刺部分の高さ

アメリカンホックの「ツメ」部分は高さ約3mmあり、これをあまり超える厚い革などにはあまり適しません。 当店パーツラボでは、200コ単位でよろしければツメのみの販売をしておりますので、ご希望の場合はお問い合わせください。

パーツラボのホック一覧

市販の打具を使ったリングスナップ取付の方法

アメリカンホック(スナップリング)の打ち方

  1. 台の上にギザギザの歯のある方(ツメ)を下に置き、つけたいものをその上に置きます
  2. 位置を決めたら打ち具の反対側(細い方)でスナップの中心をグッと押します。すると歯が出てきます。(A図参照)
  3. 下型をツメの上にのせて、打具をあてハンマーで2・3回叩いてください。(B図参照)
  4. 上型も上記と同じ要領で取付けてください。

取付には、堅い垂直な台を用意してください。連皿や厚めの板がオススメです。

パーツラボのホック一覧

ハンドプレス機を使ったアメリカンホックの打ち方

ハンドプレス機でアメリカンホック(リングスナップボタン)を打ったところ 当店のこの「アメリカンホック」10mmは、外側に出るリング(ツメ)が共通のため、打駒は3つ組となります。 実際にハンドプレス機を使ったホック打ち方をハンドプレス機を使ったアメリカンホックの打ち方でご案内していますので、一度ご参照ください。

パーツラボのホック一覧