カシメ・ハトメ専門店パーツラボ

18mm径の大きいハトメ「アイレット32」(真鍮・アルミ)金具と工具

アイレット32

「アイレット32」は18mmの大きいハトメ。 高さ10mmですので、取り付ける対象の厚みが7mm以下のものにお使いいただけ、取付けるとの穴の周囲に約7mm幅の金属縁ができます。

パーツラボのアイレット32は真鍮製アルミ製を常時お取り扱いしております。 真鍮製の本体の表面に、シルバー色のニッケル鍍金、ブラック色の黒ニッケル鍍金、ブロンズ色のアンティーク鍍金をかけたもの、また真鍮そのものの色を活かしたゴールド色のものをご用意しています。 真鍮製は腐食につよく、アルミ製はよく伸び加工しやすいのが特徴です。

アイレット32の用途と取付けについて

アイレット32手打ち工具

アイレット32取付け工具として(1)ハンドプレス機をお持ちの方は、打駒:アイレット32用を取付ける方法と、 (2)アイレット32手打ち工具で、手打ちで仕上げる方法の二種をご用意しています。

たくさん打つ必要がありロス少なく打ちたい場合はハンドプレス機を。さほど打たない場合は手打ち工具をおすすめしています。

アイレット32(真鍮製ニッケル)

アイレット32(真鍮製ニッケル)

名称 アイレット32(真鍮製ニッケル)
サイズ 内径18mm
傘径34mm
高さ10mm
材質 真鍮
加工 ニッケル
個数 4セット入
価格 380円

真鍮でつくられたアイレット32の表面にニッケル鍍金をかけています。ニッケルが持つ金属特有の美しいシルバー白銀色です。 安価な鉄製金具と異なり、風雨に晒される環境であっても赤茶けた鉄錆は出ません。

真鍮材のため、取付ける対象の合計厚みが3mm以上、7mm以下のものにおすすめします。

この商品写真は分かりやすいように拡大していますので、ご購入の際にはアイレット32寸法数値をよくご確認いただきますようお願い致します。 実際のニッケル鍍金の色は、ご覧のモニターにより、写真と異なる場合があります。

パーツラボのアイレット一覧

アイレット32(真鍮製黒ニッケル)

アイレット32(真鍮製黒ニッケル)

名称 アイレット32(真鍮製黒ニッケル)
サイズ 内径18mm
傘径34mm
高さ10mm
材質 真鍮
加工 黒ニッケル
個数 3セット入
価格 350円
数量

真鍮製アイレット32の表面に黒ニッケルの鍍金をかけました。スズと亜鉛の合金鍍金で、黒銀色の地肌となります。

真鍮材のため、取付ける対象の合計厚みが3mm以上、7mm以下のものにおすすめします。

この写真は分かりやすいように拡大していますので、ご購入の際にはアイレット32の寸法数値をよくご確認いただきますようお願い致します。 実際の黒ニッケル鍍金の色はご覧のモニターにより、写真と異なる場合があります。

パーツラボのアイレット一覧

アイレット32(真鍮製ゴールド)

アイレット32(真鍮製ゴールド)

名称 アイレット32(真鍮製ゴールド)
サイズ 内径18mm
傘径34mm
高さ10mm
材質 真鍮
加工 ゴールド
個数 4セット
価格 380円
数量

キリンスとよばれる酸洗いの処理を行ない、真鍮本来の金色(生の真鍮は金色をしています)を出したのがこのゴールド色です。 こういった真鍮のゴールド色は本金メッキや一般の金メッキよりも色が少々青みがかって見えるのが特徴で、使っていくうちに銅っぽい落ち着いた金色となっていきます。

真鍮材のため、取付ける対象の合計厚みが3mm以上、7mm以下のものにおすすめします。

なお写真は見やすいように拡大して掲載しております。ご購入の際にはアイレット32の寸法数値をご確認いただきますようお願い致します。 実際のゴールド色はご覧のモニターにより、写真と異なる場合があります。

パーツラボのアイレット一覧

アイレット32(真鍮製アンティーク)

アイレット32(真鍮製アンティーク)

名称 アイレット32(真鍮製アンティーク)
サイズ(mm) 内径18mm
傘径34mm
高さ10mm
材質 真鍮
加工 アンティーク
個数 3セット
価格 380円
数量

アンティーク鍍金、または金ブロンズと呼ばれる鍍金加工をほどこした大型の真鍮製ハトメ「アイレット32」です。 ジーンズやデニム生地と相性がよいので、洋服のアクセントやカバンのアクセントとしてどうぞ。

真鍮材のため、取付ける対象の合計厚みが3mm以上、7mm以下のものにおすすめします。

なお写真は見やすいように拡大して掲載しております。ご購入の際にはアイレット32の寸法数値をご確認いただきますようお願い致します。 また実際のアンティーク鍍金の色はご覧のモニターにより、写真と異なる場合があります。

パーツラボのアイレット一覧

アイレット32(アルミ製)

アイレット32(アルミ製)

名称 アイレット32(アルミ製)
サイズ(mm) 内径18mm
傘径34mm
高さ10mm
材質 アルミ製
加工 シルバー
個数 5セット
価格 200円
数量

アルミ材でつくったアイレット32です。表面に鍍金をかけていませんので、アルミ本来のシルバー色をしています。 よく伸びますので、アイレットを打つのに不安がある方におすすめ。金具そのものが軽いため、紙類や薄手の布などに適する場合があります。

アルミ材のため、取り付ける対象の合計厚みが1mm以下でもお使いいただけます。

なお写真は見やすいように拡大して掲載しております。 ご購入の際にはアイレット32の寸法数値をご確認いただきますようお願い致します。 また実物のアルミ材の色はご覧のモニターにより、写真と異なる場合があります。

パーツラボのアイレット一覧

アイレット32手打ち工具

アイレット32手打ち工具

アイレット32手打ち工具

名称 アイレット32手打ち工具
内容 手打ち棒1本 打皿1コ
価格 10,200円

昔ながらのアイレット32手打ち工具です。 SK鋼材でつくられたドッシリした金属の塊で、アイレット32のような大きめのハトメでもキチンとかしめることができます。

使い方は非常にシンプルです。

  1. ハトメ抜き18等をつかって、取付けたい対象(布や革)に直径18mmの正円の穴をあける
  2. その穴に、裏面からアイレット32の足側(横からみたときにTの字になってる本体の筒部分の方)を通す
  3. 裏側にアイレット32付属の座金を被せる
  4. 下から[アイレット32本体] - [取付ける対象(布や革)] - [座金]の順番で重ねた状態で、本製品の打皿の上に乗せる
  5. 本製品の打棒で、裏面から出ているアイレットの足先を叩く

打棒をつかったハトメ打ちについて詳しくは手打ち工具を使ったハトメの打ち方をご一読ください。

大量にお取付けする場合は、ハンドプレス機に打駒:アイレット32用を取付けて打つことをおすすめしています。 各工具の特徴、使い分けについてはハトメ工具の種類をご一読ください。

パーツラボのアイレット一覧

大きいアイレットを超薄手のものに取り付けるとどうなるか?

アイレット32を何も挟まず打ったときの裏面の仕上がり

「アイレット32をだいぶ薄いものに取付けたいのですが、余った足はどうなりますか?」とご質問いただきましたので、ご説明します。

掲載画像は、アイレット32(アルミ製)に何も挟まず打ったときの裏面の仕上がり方です。 同様のことを真鍮製のアイレット32でしますと、隙間があきます。

アイレット32の薄物への取付けについて、結論としては、

  • 真鍮製アイレット32は、取付け対象の厚みは3mm以上どうしても必要
  • アルミ製アイレット32であれば、取付け対象の厚み1mm以下でも可能

つまり材質がアルミの場合は取付ける対象が薄くても多少の無理がききます。 材質上問題ないのであれば薄手のものへの取付けはアルミ製をご検討ください。

どうしても真鍮製アイレットを薄いものに取付けたい場合は、アイレットの径と同等の穴が開いたドーナッツ型の丸い「芯材」(あて布)をつくり、取り付ける対象の厚みをハトメ部分だけ嵩上げすることをご検討ください。

パーツラボのアイレット一覧