カシメ・ハトメ専門店パーツラボ

中空リベット4mm用ハンドプレス打駒の販売

パーツラボ» 工具» リベット用打駒» 中空リベット4mm用ハンドプレス打駒

打駒:中空リベット4mm用

中空リベット4mmを取り付けるためのハンドプレス打駒です。
中空リベットは真ん中が空洞になった軽いリベット鋲で、使い方や利用シーンはカシメに近いのですが、取り付ける構造としてはハトメに近い(先端を潰して留める)金具です。

バインダーの留め金具等に使われることが多いため、工具は手打ち棒しかないのですが、お客様からのご要望を受けてパーツラボがオリジナルで製造いたしました。 基本、当店の中空リベット4mm用のため、他店購入の軸の太さが異なるリベットにはお使いいただけませんのでご注意ください。

中空リベット4mm用ハンドプレス打駒

中空リベット4mm打駒

中空リベット4mm打駒は、上駒ネジがJIS規格の二分五厘ネジ、下駒の直径は約19mmです

名称打駒:中空リベット4mm用
価格9,900円
材質本体:主に鉄(鍍金塗装)
内容下駒+上駒セット

よくいただくご質問で、「他店購入のハンドプレス機に使えますか?」というお声をいただきますが、接続部分にあたる下駒の直径が約19mm以上で、上駒のネジがJIS規格の二分五厘のネジ(ネジ頭の上から上を測ると直径約7.9mm程度)であれば使える可能性が高いです。 当店の工具は全て消耗品扱いとしており、誤ってご購入いただいた場合も返品交換できませんのでよくご確認のうえ、ご検討ください。

ハンドプレス機を使った中空リベット4mmの打ち方

  1. 中空リベット4mmにあわせて、直径4mmの正円の穴をあけました 対象に既に穴が空いている場合は不要ですが、無い場合はまず穴をあけます。
    参考画像では、当店のハトメ抜き4mmとゴム板、木槌を使って穴をあけました。
    中空リベットは、足を潰して丸めて留めますので可能な限り4mmの正円が望ましいです。 (歪な円で4mmよりもだいぶ大きい穴だとリベットが抜ける場合があります)
  2. ハンドプレス機に打駒:中空リベット4mm用をセットします ハンドプレス機に当製品「打駒:中空リベット4mm用」をセットします。
    下駒は、下の台座の穴があいているところに入れます。臼のような形をしており細い方が下です。
    上駒は、ハンドプレス機のバネがついた中央の芯棒の下にネジ受けがありますので、そこにセットします。
  3. ハンドプレス機の下駒に中空リベットを乗せます 下駒の上に中空リベット4mmを乗せます。
    ここでは基本的な打ち方を説明いたします。
    中空リベットは横から見ると、英数字の「T」の字をしていますが、逆にして乗せてください。 上駒の先端が中空リベットの先端(凹んだところ)に当たるようにセットすることになります。
  4. ハンドプレス機の下駒に中空リベットを乗せます 取り付ける対象(ここでは厚い布にしました)を裏を上向きにして穴にリベットを通した状態でセットします。 セットしたときのリベットの先が2~3mm出ているか確認してください。出ていないと潰せません。
  5. ハンドプレス機のレバーを下ろします。 ハンドプレス機のレバーを下ろします。
    中空リベットがズレないように気をつけてください。
  6. 中空リベットを打った仕上がりの裏面。 中空リベットが打てました。裏面はこのような仕上がりです。表面はきれいな平頭が出ます。 中空リベットを打った仕上がりの表面。

パーツラボのリベット用打駒に戻る