カシメ・ハトメ専門店パーツラボ

A5寸6穴式バインダー金具N217-6-22R-20SR(背付き)ご案内

バインダー金具N217-6-22R-20SR

A5サイズのシステム手帳用、ベーシックな6穴式バインダー金具になります。 金具全長は217mmとA5寸と同等ですが、実際のご購入時には用紙リフィルのサイズとリング穴の間隔をよくご確認ください。

バインダー金具N217-6-22R-20SRは、リング径24mmと大きめで、たくさんの用紙リフィルを綴ることができます。

国産バインダー金具N217-6-22R-20SR

N217-6-22R-20SR写真1

N217-6-22R-20SR写真2

名称 国産バインダー金具N217-6-22R-20SR
サイズ 長さ:217mm
背幅:21mm
リング内径:22mm
材質
加工 ニッケルメッキ
本体装飾無地、文字彫刻なし
個数 1本入
価格 ¥700
¥665
数量

※本製品は厚み2.5cmを超えるためネコポス配送ができません。

日本製のリングバインダー金具6穴式です。2cmの背幅に対し、リング内径24mmと少し大きめで、リフィル(用紙)をたくさん綴ることができます。 鉄製の本体にニッケル鍍金をかけ、キズがつきにくくなるよう表面保護し、光沢を出しています。

バインダー金具N217-6-22R-20SRの取付け

N217-6-22R-20SRは背付きのA5サイズですが、ただいまのところ、背付きでA5のものはこの製品以外お取り扱いありません。
ビスやカシメで止めるタイプでは、同じA5サイズでややリングが大きいタイプバインダー金具F216-6-25R-20SR(リング25mm)、リングの小さいスリムサイズではバインダー金具F216-6-15R-15SR(リング15mm)等があります。 やや小さめだとリング径19mmのバインダー金具F216-6-19R-20SR(リング19mm)等がありますので、他のサイズをお探しの方はご検討ください。

N217-6-22R-20SRの本体裏の凹部分と背板のツメ(突起)

N217-6-22R-20SRの背板(ウラザ)

バインダー金具N217-6-22R-20SRは他の背板付きと形状と取付構造が異なりますので注意が必要です。 背板側には大小2種類のツメ(小さい突起)がありますが、この2つは役割が異なります。

外側に2つで1つの対になっている背の高い方のツメは背表紙用ポケットに固定する用のツメとなります。 内側にある小さい「ハ」の字方の小さい方のツメは、金具本体に背板を取付ける用のツメになります。

N217-6-22R-20SR背板(ウラザ)拡大図

取付の際には、まず外側にある表紙に食い込ませる用のツメを反対側に向かって折るか、平らにして無効化させます。 この表紙用のツメがそのまま存在すると、本体と背板を取付けできません。

ツメを反対側に折るか無効かしたら、小さい「ハ」の字型のツメの方を バインダー金具N217-6-22R-20SR本体の背面の凹に2cmほどずらした状態で合わせて、スライドします。 1方向にスライドすることで、「ハ」の字のツメが本体に嵌り込み二度と外れないようになります。

取付の手順こそ異なりますが、ジゴク構造で差し込んだら外れないのは、他の背板付きのバインダー金具と同じです。 取付に失敗、またテストとして試しに一度板をつけてしまうと外れなくなってしまいますのでご注意ください。

バインダー金具一覧に戻る

ご注意ください

このバインダー金具は縦寸からA5(縦)対応としていますがあくまで目安です。 お使いになるバインダー用紙(リフィル)の穴の間隔と、金具の長さを必ずご確認ください。 用紙に開いている穴と、金具のリングの間隔をあわせないと使えません。

バインダー金具一覧に戻る

バインダー金具N217-6-22R-20SRの鍍金加工につきまして

本製品N217-6-22R-20SRは、最小数50本から別注のメッキカラー塗装が可能となりました。現在の可能な色目は本金ゴールドと黒ニッケルのブラック色です(アンティークは不可)。 少量の場合1本あたりがコスト高めになりますが、ご希望の方は、この製品名(N217-6-22R-20SR)と本数を明記のうえ(※1)お問い合せお見積りご依頼ください。

※1:希望本数によって単価が異るため、必ずお書き添えください。

バインダー金具一覧に戻る