カシメ・ハトメ専門店パーツラボ

ドットボタン、ストロングホックとも呼ばれる15mm径のジャンパーホック7050です

パーツラボ» ホック» ジャンパーホック» ジャンパーホック7050

ジャンパーホック7050

ジャンパーホック7050で作った革の着脱式ブレスレット

ジャンパーホック7050はジャンパーなどに使われる頭の直径15mmのボリュームのあるホックです。ドットボタンや、ストロングホックとも呼ばれるボタンホールを作らないボタン類の一種で、「ブチッ」と着脱するゴツめのホックになります。 やや厚みのある革やデニムを重ねたりする場合、頭直径13mmのバネホックNo5よりオススメです。ただしジャンパーホック7050は付属のホゾ(足)の長さが7mmですので、合計厚み4mmまでのものにお使いください。
厚み5mmを越える時はジャンパーホック7050足長をご検討ください。

当店のジャンパーホック7050は、4つのパーツで1組として販売しており、パーツごとにバラせませんのでご容赦ください。 (どれかのパーツ1種のみをご入用の方は、100単位で宜しければ販売しておりますので、お手数ですがお問い合わせください。)

ジャンパーホックの構造

ジャンパーホック7050の各パーツ
アタマ(頭)バネゲンコ(ダボ)ホソ(足)
ジャンパーホック7050頭 ジャンパーホック7050バネ ジャンパーホック7050ゲンコ(ダボ) ジャンパーホック7050ホソ(足)

各パーツは一つ一つ名称があり、役割が異なります。 パーツのうち、アタマ(頭)は、重ねる際に一番上の表面にくるパーツにあたります。 当店のシャンパーホック7050のアタマ(頭)は丸釦とよばれる加工なしのシンプルな直径15mm寸丸円タイプのアタマを採用していますが、このアタマ(頭)部分パーツだけ特注品を使い(刻印が入ったもの等)彩りを持たせる方もいらっしゃいます。 バネはアタマとセットで使うパーツで、重ねた際の上側の裏面にくる金具になります(当店ではブランド名『HASI HATO』のロゴが刻印されているパーツです)。

このバネとゲンコがホックのかみ合わせ部分を担当するので、ホックの着脱ができなくなるといったホックの故障?と思われるシーンは、大抵この2つの何方かがダメになって壊れている事が多いです。 ホックの修理をお考えの方は、まずはこのバネとゲンコ(ダボ)を確認してみてください。

重ねた際に下側にくる革布の表面に取付けるゲンコは、「ダボ」とも呼ばれます。ダボは「棚受け」などの意で他のパーツにも使われる名ですが、要するに「受け」側のことです。 当店のジャンパーホック7050のゲンコには小さい装飾文様が入っていますが、これはホックの使用者側からすると、重ね合わせられる側、使い手の目にも触れやすいパーツであるためです。

ゲンコ(ダボ)とセットにして取付けるホソ(足)は、下側のウラ面から打ちます。このホソの長さは、取付ける合計厚みを考慮していただく必要があります。
取り付けはホックを重ね下側にする布(革)にまずホソとゲンコを噛みあわせて打ち、上にくる方の布(革)に頭とバネをカシメて打ち込みます。取り付けはだいたいカシメと同じような要領とお考えください。

真鍮製ジャンパーホック7050ニッケル色

ジャンパーホック7050のニッケル色は高品質な真鍮製

ジャンパーホック7050真鍮製ニッケル寸法(右からアタマ、足、ゲンコ、バネ) ジャンパーホック7050真鍮製ニッケルのアタマ、足、ゲンコ、バネ

名称真鍮製ジャンパーホック7050ニッケル鍍金
サイズ頭15mm
材質真鍮
加工ニッケル
個数4セット入
価格300円

ニッケル色、一般的にはシルバータイプと呼ばれる銀色のジャンパーホック7050は真鍮製です。 安価な鉄製と異なり鉄さびが出にくいため、水濡れの可能性がある品にお使いいただく際にはお勧め。 真鍮製ニッケル鍍金のホック7050は、頭の高さ7mmしかございませんので、上部は総厚み3mm程度までの革や布にお使いください。

お取り付けの際には、手打ち棒の他に、ハンドプレスに専用の打駒:ジャンパーホック7050用をセットして打つこともできます。 大量に作業なされる場合には、ハンドプレス機はお勧めです。 既にハンドプレス機をお持ちの方には打駒:穴開け用も合わせてご検討ください。

この写真は分かりやすいように拡大していますので、ご購入の際には寸法数値をよくご確認いただきますようお願い致します。
実際の商品の色はご覧のモニターにより、写真と異なる場合があります。

パーツラボのホック一覧を見る

鉄製ジャンパーホック7050アンティーク

ジャンパーホック7050アンティークは鉄製です

ジャンパーホック7050アンティーク寸法 ジャンパーホック7050アンティークの頭・バネ・ゲンコ(ダボ)・ホソ(足)

名称鉄製ジャンパーホック7050アンティーク
サイズ頭15mm
材質
加工アンティーク
個数5セット入
価格300円

アンティーク色、または金ブロンズと呼ばれるメッキ加工を施したジャンパーホック7050です。 ジーンズやデニム生地と相性がよいので、洋服のアクセントやカバンのアクセントとしてお使いください。

ジャンパーホック7050は4つのパーツで1組となっており、専用の工具で叩くことで取付ます。 専用の工具として手打ち棒がありますが、大量に作業なされる場合にはハンドプレスに専用の打駒:ジャンパーホック7050用をセットして打つのがお勧めです。 既にハンドプレス機をお持ちの方には打駒:穴開け用も合わせてご検討ください。

なお写真は見やすいように拡大して掲載しております。 ご購入の際には実際の寸法数値をよくご確認いただきますようお願い致します。 また実際の商品の色はご覧のモニターにより、写真と異なる場合があります。

パーツラボのジャンパーホック一覧を見る

鉄製ジャンパーホック7050黒ニッケル色

ジャンパーホック7050黒ニッケル色

ジャンパーホック7050黒ニッケル寸法 ジャンパーホック7050黒ニッケルの頭・バネ・ゲンコ(ダボ)・ホソ(足)

名称鉄製ジャンパーホック7050黒ニッケル鍍金
サイズ頭15mm
材質鉄製
加工黒ニッケル
個数5セット
価格300円

実際の商品の色は上記写真と少々異なりますのでご注意ください。
なお写真は見やすいように拡大して掲載しております。ご購入の際には実際の寸法数値をご確認いただきますようお願い致します。
実際の商品の色はご覧のモニターにより、写真と異なる場合があります。

取り付けの際には、ジャンパーホック7050の打ち方をご一読ください。 方法としては、(1)専用の手打ちの工具の棒と皿を使い叩く方法、(2)ハンドプレス打駒:ジャンパーホック7050用を使って打つ方法の二種類があります。 いずれの場合も、取付の際には、事前に取付ける革や布、(紙/テープ/PP)等にハトメ抜き3mm打駒:穴開け用等で3mmないし4mmの穴を開ける必要があります。

パーツラボのジャンパーホック一覧を見る

鉄製ジャンパーホック7050ゴールド

ジャンパーホック7050ゴールド

ジャンパーホック7050ゴールド寸法

名称鉄製ジャンパーホック7050ゴールド
サイズ頭15mm
材質鉄製
加工ゴールド
個数5セット
価格300円

代金メッキによるゴールド色のジャンパーホック7050です。キリンス加工に比べ、はっかりした艶のある金色で、存在感のある光沢をお楽しみいただけます。 取り付けの際にはハンドプレスをお持ちの方は、打駒:ジャンパーホック7050用をセットして打つとキレイに仕上げることができます。 初めてお取り付けなさる方は、ジャンパーホック7050入門セットをどうぞ。

実際の商品の色は上記写真と少々異なりますのでご注意ください。
このホック7050のゴールド色は、金メッキ仕様となっています。
なお写真は見やすいように拡大して掲載しております。ご購入の際には実際の寸法数値をご確認いただきますようお願い致します。
実際の商品の色はご覧のモニターにより、写真と異なる場合があります。

パーツラボのジャンパーホック一覧を見る

ジャンパーホック7050入門セット

ジャンパーホック7050入門セット

名称ジャンパーホック7050入門セット
内容
  • 入門用ジャンパーホック7050打ち棒1本
  • 以下のジャンパーホック7050を1種
    • ニッケル鍍金の見本真鍮製ニッケル10組
    • ゴールド鍍金の見本鉄製ゴールド14組
    • アンティーク鍍金の見本鉄製アンティーク12組
    • 黒ニッケル鍍金の見本鉄製黒ニッケル12組
材質打棒:鉄
ホック:(ニッケルメッキ=真鍮製/ゴールド・黒ニッケル・アンティーク=鉄製)
価格2,080円
セットするジャンパーホック7050:
オプション:
数量:

ご要望にお答えして登場!
ジャンパーホック7050専用の入門用セット。ジャンパーホック7050が打てる打棒1本と、お好きなジャンパーホック7050を1種をお選びいただき、セットでお送りいたします。
少量のご利用、はじめてお使いいただく方にはオススメの品。ジャンパーホック7050が多めに入っていますので、初めてホックを取り付ける方は、ジャンパーホック7050の打ち方をご参照の上、まずはお気軽に練習してみてください。 たくさんホックを打つ方は「ハンドプレス」+「7050専用打具専用の打ち駒」をオススメします。

オプションで連皿ハトメ抜き4mmを割引価格でお選びいただけます。 連皿をお持ちの場合は不要です。

パーツラボのジャンパーホック一覧を見る

ジャンパーホック7050を打つために必要な工具

パーツラボによくいただくご質問のうち、「ジャンパーホック7050の打つのに必要な工具は何ですか?」というものがあります。 ホックを打つ方法は、(1)打ち棒と皿で手で打つ(2)ハンドプレス機に駒を取り付けて打つ、の2種類になります。 今後たくさんホックやカシメ・ハトメを打つのであればハンドプレス機がオススメですが、数度しか打たないのであれば手打ち工具で何度か試してコツを掴んだうえで本番にトライしてみてください。
ジャンパーホッ7050を打つ際に必要な工具は、タイプ別に以下の通りとなります。

手打ち工具でジャンパーホック7050を打つ場合
ハンドプレス機でジャンパーホック7050を打つ場合

※なお、当店の穴あけ工具は先端が鋼に焼き加工を入れており、少し硬めPP樹脂製品などでも穴をあけることができますが、素材によっては割れや欠けが発生することもあるため、材質にあわせた穴あけ工具をご用意いただくことが肝要となります。 下敷きにするゴム板は、新聞紙・フェルト生地を厚く重ねることで代用もできますが、新聞紙がポンチの口に詰まったりする場合もありますので、それら考慮した適切な処置・工夫をしてください。

ジャンパーホック7050の打ち方

手打ち工具によるジャンパーホック7050を打つ際の簡単な流れは、以下の通りです。

  1. 取り付け革(布)の所定の位置にハトメ抜き4mm等で直径4mm程度の穴をあけます
  2. 平らな台(連皿の裏や、打ち皿の裏を使って)の上に、開けた穴にホックのホソ(足)を載せ、革・布を挟んで上にゲンコを被せて、ジャンパーホック7050用の打ち棒で叩きます
  3. 反対側の革(布)の所定の位置に、同じく直径4mm程度の穴をあけます
  4. 丸みのあるアタマを下に、革(布)を挟んで上にバネを被せる
    この時、連皿や専用の打ち皿をお持ちの際は、丸みがある方を使い、打棒で叩く

ジャンパーホック(ジャンパードットボタン)の打ち方

パーツラボのジャンパーホック一覧を見る