カシメ・ハトメ専門店パーツラボ

4mm「ハトメ200」靴紐穴などに使われる定番サイズの金具と工具の販売

パーツラボ» ハトメ一覧» ハトメ(丸潰し)» ハトメ200

ハトメ200

ハトメ200は、革や布・紙などに直径4mmの穴を空けた際の補強します。ドーナッツのような穴の周りに金属縁をつくる小さい金具です。 ハトメ200は、バックルやベルトの通し穴、靴紐、紐通し穴、など革製品や布縫製品にかぎらず、封筒などの紙製品を束ねるために使える非常にベーシックな型番サイズとなります。 取付けたるとの穴の縁に、幅約2mmほどの金属縁ができ、取付後の金属の縁傘径は7.8mmとなります。

ハトメ200取付けた際の表面は、プックリしたドーナッツのような輪の縁ができます

ハトメ200取付け際の裏面は、ワッシャーで周りがほつれないよう保護され、クルッと返るようになります

当店のハトメ200は座金(ワッシャー)付きで、丸潰しと呼ばれるタイプになります。 通常の「菊割ハトメ」と呼ばるハトメと異なり、取付けた際の裏面がクルッと反り返って、布や革に引っかかるということがありません。
勿論、座金を使わず本体のみをお使いいただくこともできます。(※:よくある質問「座金付きのハトメを座金なしで使うとどうなりますか?」を御覧ください。)

ハトメ200は非常によく使われるサイズになりますが、当店パーツラボでは特に高さ4.5mmのものをメインに取り扱っておりますので、革や布の厚みが総計2mm程度のものにお使いいただけます。

パーツラボ販売のハトメ200(鳩目200番)の素材と鍍金の種類 パーツラボのハトメ200は、ただいま真鍮製アルミ製がありますので用途にあわせてお選びください。真鍮製は腐食につよく、アルミ製は柔らかく加工しやすいのが特徴です。

取付の方法には、取付ける革(布/紙/テープ)にハトメ抜き4mmで4mm程度の穴を開け、ハトメの足を通し、座金をかぶせて足を潰すのが一般的です。

真鍮製ハトメ200

ハトメ200寸法サイズ図 ハトメ200ニッケルメッキ ハトメ200黒ニッケルメッキ ハトメ200キリンス ハトメ200アンティークメッキ

尾錠のピンを受ける穴補強用にもなります

ハトメ200と管美錠の使用例

とくにこのハトメ#200番は、紐靴などの紐穴として使われるだけでなく、ブレスレットや首輪リーツとして美錠などとあわせてよく使われます。

名称 真鍮製ハトメ200
サイズ 外径:約4mm、傘径:約7.5mm、高さ:約4.7mm
材質 真鍮
製造 日本
表面処理 ニッケル鍍金黒ニッケル鍍金ゴールドアンティーク鍍金
入り数 35セット入35セット入35セット入30セット入
価格 1袋200円

真鍮製のハトメ200です。4種のお色よりお選びください。 ニッケル鍍金はシルバー、黒ニッケルはブラック・シルバー、キリンス処理はゴールド色で真鍮本来の色が出ます。アンティーク鍍金は渋いブロンズ色です。

当商品は足がクルッと反り返る座金付きの丸潰しタイプのハトメです。 取付けの際にはハトメのサイズに合った工具が必要です。ハトメ200を取付ける方法は大きく以下の2種類があります。

当店では手打ち棒と皿として、ハトメ200入門セットや、耐久性の高いプロ用ハトメ200手打ち工具をご用意しています。 たくさん打つ、できるだけ失敗ロスを減らしたい方は打駒ハトメ200用ハンドプレスをご検討ください。

尚、掲載写真はサイズ拡縮していますので、ご購入の際には寸法数値をよくご確認いただきますようお願い致します。 ご覧のモニターにより、実際の商品のメッキ色味等が異なる場合があります。

パーツラボのハトメ(丸潰し)一覧

アルミ製ハトメ200

アルミ製ハトメ200丸潰60セット入

アルミ製ハトメ200の寸法サイズ

名称 アルミ製ハトメ200
サイズ 外径約4m/傘径約7.5mm/高さ約4.3mm
材質 アルミ製
製造 日本
メッキ加工 なし
入り数 60セット
価格 200円

ハトメ200アルミ製

アルミ製ハトメ200です。各寸法は上記掲載の真鍮製ハトメ200とほぼ同じで、工具も同じものをお使い頂けます。 アルミも真鍮と同じく腐食につよい素材で、真鍮よりも軽くて柔らかいので、薄い布や薄い紙はアルミの方がよい場合があります。 また鍍金加工を施していませんので、表面の色は、白味がかったシルバーになります。 真鍮生地にニッケル鍍金をかけたハトメ200のシルバー色に比べると、やや白っぽく軽い印象の銀色です。 飲料のアルミ缶の裏面など想像していただければ近いでしょう。

なお写真は見やすいように拡大して掲載しております。 ご購入の際には実際の寸法数値をご確認いただきますようお願い致します。表記サイズの+-0.5mm前後の振れ幅ありますのでご容赦ください。また実際の商品の色はご覧のモニターにより、写真と異なる場合があります。

パーツラボのハトメ(丸潰し)一覧

真鍮製ハトメ200短

真鍮製ハトメ200足短(ニッケル)

真鍮製ハトメ200足短(ニッケル)の寸法サイズ

名称 真鍮製ハトメ200足短
サイズ 外径:約4mm
傘径:約7.8mm
高さ:約4mm
材質 真鍮製
製造 日本
メッキ加工 ニッケル
入り数 35セット
価格 200円

真鍮製のハトメ200の足短タイプです。高さ以外のの各寸法は、真鍮製ハトメ200とほぼ同じですが、高さが0.5mmほど短いものになります。 布や革などの取り付け対象がやや薄手のものに取付ける際にお使いください。工具や取り付け方法も、普通のハトメ200と同じになります。工具をお持ちでない方はハトメ200入門セットと共にご検討ください。 これより短いハトメ200は只今販売しておりませんが、菊割れタイプとなり足に切り込みが入ります。

なお写真は見やすいように拡大して掲載しており、製品ごとにサイズばらつきがあります。ご容赦ください。 ご購入の際には実際の寸法数値をご確認いただきますようお願い致します。また実際の商品の色はご覧のモニターにより、写真と異なる場合があります。

パーツラボのハトメ(丸潰し)一覧

ハトメ200入門セット(ハトメ200用手打ち棒+ハトメ200)

ハトメ200入門セット ハトメ200ニッケルメッキ ハトメ200黒ニッケルメッキ ハトメ200キリンス ハトメ200アンティークメッキ

名称ハトメ200入門セット工具リニューアル
(ハトメ200用手打ち棒+ハトメ200
セット内容
  • 入門用ハトメ200打ち棒+皿(1本+皿)
  • 以下からお好きなハトメ200を1袋
    • 真鍮製ハトメ200ニッケル(35セット入)
    • 真鍮製ハトメ200ゴールド(35セット入)
    • 真鍮製ハトメ200アンティーク(30セット入)
    • 真鍮製ハトメ200黒ニッケル(35セット入)
    • アルミ製ハトメ200(60セット入)
    • 真鍮製ハトメ200短ニッケル(35セット入)
  • 有料オプション
    • ハトメ抜き4mm(+600円)
    • ハトメ抜き4mmとゴム板(+1,500円)
材質打棒:鉄/ハトメ200:真鍮製orアルミ製
価格1980円

▼セット内容をお選びください

  • 入門用・ハトメ200専用打棒×1本
  • ×1袋
  • 有料オプション
  • 数量:

この商品はネコポス便ではお届けできません。配送方法をご選択の際には宅急便をご選択ください。

手軽なハトメ200用手打ち棒と、お好きなハトメ200を選んでセットでご購入いただける商品です。
プロ用のハトメ200専用手打ち棒よりも、強度の低い品になり数百回使うと(残念ながら)磨耗しますが、「試しに打ちたい」「ハトメはさほど使わない」という方であれば充分に使用に耐えうる品です。 ハトメを初めて打つ方にはオススメ。詳しい取付け方法は手打ち工具を使ったハトメの取付け方をご参照ください。

100を超えるほどたくさん打つ予定の方は、ハンドプレス打駒ハトメ200用をセットして打つのもオススメします。

またオプションとして、ハトメ抜き4mmゴム板が割引価格で追加いただけます。 4mmの正円を描く穴開け工具がない場合はご検討ください。誤って傘径以上の円を切り抜いてしまうと、ハトメがほつれ外れる原因となります。 またゴム板は下に敷くことで穴あけ穴開け工具の刃が毀れにくくなります。

パーツラボのハトメ(丸潰し)一覧

ハトメ200手打ち工具

ハトメ200手打ち工具

よく「専用の工具でないとハトメは打てませんか?」とご質問をお寄せいただきますが、 ハトメはサイズにあった工具を使わないと足がきれいに反り返らず、ひしゃげて割れてしまいます。

名称 ハトメ200専用打ち具
材質
加工 焼き加工済み
内容 手打ち棒1本、打皿1個
価格 4300円

ハトメ200専用工具で仕上げたときの裏面の仕上がり方

炭素工具鋼(SK材)で製造された耐久性の高いプロ用工具です。ハトメの足を割らず、キレイに丸潰しできるよう設計されており、手にしっくり馴染むための工夫がなされています。取り付けの際にはハトメ抜き4mmゴム板を合せてご使用ください。

100セットを超えるほどたくさん打つ予定の方は、ハンドプレス打駒ハトメ200用をセットして打つのもオススメします。

パーツラボのハトメ(丸潰し)一覧

座金付きの丸潰しのハトメを座金なしで使うとどうなりますか?

当店取扱の座金付きのハトメのうち「座金なしのものはありませんか?」や、「座金なしで使えますか?」というご質問をいただきますので、お答えします。 実際に、丸潰しのハトメ200を座金なしで、専用の工具で打った場合、仕上がりは以下の画像のようになります。 右画像が表面の仕上がり、左画像が裏面の仕上がりです。座金なしの場合、裏面の金属縁が非常に細いものになることがわかるかと思います。 この裏面の仕上がりは、イメージ的に「長い袖を腕まくりした時のようにクルッと返して止めている」感じをご想像ください。

ハトメ200を座金なしで専用工具で取付けた際の表面の例。 ハトメ200を座金なしで専用工具で取付けた際、裏面はこのように仕上がります

丸潰しのハトメの座金の役割はほつれ防止が主です。実際、布や革などハトメの取付け対象に穴をあけた時に、その穴から周囲がほつれたり、ほつれからハトメが食い込んでいる縁が外れたりすることでハトメが外れてしまう可能性があるためです。 とくにハトメの外径にあわせた円を開けなかった場合(歪な穴を開けた場合)、ハトメが外れてしまう可能性が高くなるのを座金が防ぎます。
ほつれにくい素材であったり、沈み込み等が心配されるような対象でない場合は、座金なしで使われる方もいらっしゃいますが、当店では推奨しません。お客様のご判断でお使いください。 お使いの素材と、使用状況にあわせて、座金を使いこなしていただくのが良いかと存じます。


ハトメ200 穴周囲の補強用丸い紙

封筒などの穴補強用に使う丸い紙 薄い紙にハトメ200やハトメ300を使う時に、周囲の紙が負けぬように、画像のような丸い補強具をハトメの周囲にあてる場合もあります。 この補強具の穴と、取付対象にあけた穴をあわせて、ハトメ200を通して打つことでハトメだけが傘の周りからズボッとすっぽ抜けること防ぎます。 主に封筒などに使われるこの茶色いハトメ補強具の紙はサイズが内径5mm/外径13mm/厚み0.5mmとなっています。 ハトメ200と一緒に、別途ロット5000枚から販売いたしております。 ご入用の方はお手数ですがお問い合せください。

パーツラボのハトメ(丸潰し)一覧