カシメ・ハトメ専門店パーツラボ

#200ハトメ打ち:4mm径の「ハトメ200」丸潰し手打ち工具

手打棒(ハトメ打ち)200ハトメ

穴の内側の径3.7mm、外径4mm、傘径7.5mmのハトメ200のピッタリ合う手打ち工具です。 裏面を丸く仕上げる丸潰しタイプですが、非常に精度が高く、他店販売中の菊割れハトメでも留めることができました。 (全ての菊割ハトメ200の取付けを保障するものではありません)

手打棒、打ち皿の両方にSK鋼材を使い、表面に焼入れをいれ仕上げているため、非常に強度も高いのが特徴。 また安価なハトメパンチとは異なり、過度の軽量化をおこなっていませんので、打棒に適度な重みがあって、ハトメが打ちやすい設計になっています。 打った後に気持ちのよい手応えを感じられる製品です。

ハトメの取り付けについて詳しくは手打ち工具によるハトメの打ち方をご一読ください。

ハトメ200手打ち工具

ハトメ200手打ち工具

名称ハトメ200専用打具
打棒サイズ長さ120mm×径12mm
打皿サイズ厚み20mm×径35mm
材質SK鋼材(焼入れ済)
個数1セット(打棒1本+打皿1コ)
価格6,700円
本数: 購入:

長さ約120mmの手打棒、直径30×厚み20mmの打ち皿がワンセットになったハトメ200のための手打ち工具です。 まず取付る対象の革や布に、ハトメ抜き4mmなどをつかって4mm以上の穴をあけて、この工具をつかいハトメ200をかしめます。

手打ち工具でハトメ200を打った時の裏側仕上がり例

本製品は、炭素工具鋼(SK材)で製造された耐久性の高いプロ用工具のため、 セミプロ、レザー工房さまなどのプロユースでご使用いただいています。

非常に大きいシートや、立体的な構造をもった箱、縫製済みの靴や鞄など、ハンドプレス機やハンドグリップ式のハトメパンチでは届かない位置にハトメを付けたい場合でも、手打ち工具は対応できるためです。

「専用の工具でないとハトメは打てませんか?」とご質問をよくお寄せいただきますが、 ハトメはサイズにあった工具を使わないと足がきれいに反り返らず、ひしゃげて割れてしまいます。 詳しくはハトメ打ちよくある失敗例とその原因をご一読ください。

なお少し試してみたい、少量しか打たない、という場合はハトメ200入門セットをご検討ください。

  • 当店のハトメ200用の工具です。番手や金具の名称が同じでも、他店購入のハトメ200には合わない場合があります
  • 当店では工具は消耗品あつかいとし、間違えてお買い求めいただいた場合も返品交換できませんのでご注意下さい。詳しくは返品交換についてをご一読ください。
  • 掲載のハトメ200専用打具の外見は写真と少々異なる場合があります。

ハトメ手打ち工具に戻る