カシメ・ハトメ専門店パーツラボ

ハンドプレス機一段式S型おすすめモデル

ハンドプレス一段式S型

ハンドプレス機は、ハトメカシメホックの取り付けが簡単にできる小型プレス機です。「打駒」と呼ばれる治具(パーツ)を取り替えるだけで金具の取り付け工具として機能します。

  • 静音性…手打ち工具より静かに取付け可能です
  • 作業性…手打ち工具より力が必要ありません
  • 安定性…手打ち工具より仕上りにムラがありません

通常カシメやハトメの取り付けに失敗すると、取付けた金具のみならず、レザー側や布が駄目になってしまうことがありますが、このハンドプレスでは、そういった失敗が格段に少なくなります。

このハンドプレス機(ゴム手)は下駒をとりつける台座が浮いてない一段式とよばれるもの。 サイズも当店取扱品のうち一番コンパクトで、小さい金具の取付けにはコスパの高いモデルとなっています。

各モデル機種の違いについてはハンドプレス機のページにてご確認ください。

ハンドプレス機(ゴム手)

ハンドプレス一段式S型
※このハンドプレス機はペダル式ハンドプレス机にはお使いいただけません。

ハンドプレス一段式S型の構成物

名称ハンドプレス機(ゴム手)
本体寸法約180×90×205
材質本体:鋳鉄 持ち手部分:ゴム
個数1台
価格9,800円(税込)

数量

ハンドプレス(ゴム手)組み立てた時の概寸は長さ23cm高さ40cm ハンドプレス(ゴム手)を本体は9cm幅のコンパクトサイズです

当店ハンドプレス機の中で、一番コンパクトでお手頃価格なエントリーモデルです。 とくにこのハンドプレス(ゴム手)は以下のようなものにおすすめです

本製品は小さい金具の取付けに対し、非常に有用です。
ただし比較的コンパクトな為、金具にかける負荷も(大きい機種のハンドプレス機に比べ)少々軽くなります

もしこの機種で、真鍮製のアイレット30以降を取り付け予定されている方は、このゴム手式のS型では少々難しいです(※:注1)。 ハンドプレス機一段式M型ハンドプレス機二段式SM型以上の大きさのものをご検討ください。

※注1:打ち込めないことはないのですが、ゼロ距離で平らに潰し切ることは難しいです。アイレット28あたりは取付対象に相応の厚みがあれば問題ありません。 なおアルミ製のアイレット30ならば厚みがさほどなくても取付け可能です。

ハンドプレス機(ゴム手)の構造

製品は、本体/レバー/六角穴付ボルト+六角ナット/の4点となっており、六角ボルトとナットを使って本体にレバーをセットして使います。 レバーを取り付けると、高さ400×幅230×奥行き90mmの大きさですが、使わない時はレバーを取り外して収納することで省スペース性を実現します。

本体とレバーは付属のボルトを使って取り付けしてください

組み立てて取付けたレバーを引き下ろすことで、本体のレバー下に設置された芯棒が一緒に降りて、金具に対して均等な力を与えてカシメることができます。 芯棒の下に打駒をセットする場所があり、この「打駒」と呼ばれるパーツは別売りになります(取り付けたい金具に合わせて形状が異なります)。

本体とレバーは付属のボルトを使って取り付けしてください 本体とレバーは付属のボルトを使って取り付けしてください

パーツラボのハンドプレス機一覧に戻る

一番下までレバーが降りてこない!

本体とレバーは付属のボルトを使って取り付けしてください

打駒:穴あけ用などをお使いの場合、レバーハンドルが一番下まで行かず穴をあけられない!というお声を頂くことがあります。 そういう場合は本体に最初からついているボルト(写真掲載)をお取り外し下さい。

このボルトは(例えばプラ板のような)硬いものに取付ける時に、取付対象に必要以上の負荷がかからぬよう調整するため付いているボルトで、このボルトを外すことで深く打ち込む事が可能となります。

穴あけの時以外にも、薄手のもの(足の短いカシメや極小ハトメ)を取付ける場合にはこのボルトは不要です。

パーツラボのハンドプレス機一覧に戻る

立体物に取付ける場合に何が問題なの?

ハンドプレス一段式S型に打駒をセットしたとき

当製品ハンドプレス機(ゴム手)は、通常の小物作りや雑貨クラフトの使用に十分耐えれる製品ですが、打駒を取付けた場合のレンジが約27mmとなりますので、一辺の長さが28mmを超える硬い立体物に金具を取り付けたい場合にはあまり適しません。

この幅27mmの間に金具を取り付けたい対象の・取り付け予定部位をセットしなければならない為です。

ただ当店取扱ハンドプレス機はこの上駒下駒間レンジの長さはどの機種でもほぼ同じです。一番大きいハンドプレス機二段式3L型でも、本製品より10mm長いレンジ60mmとなります。

なお硬い立体物(形を変えられないもの)と、布や革を縫製して作った「筒もの」「袋モノ」(ぐんにゃり曲げたり折ったりできるもの)は別です。 とはいえ、作業の効率性を考えた場合、「筒もの」「袋モノ」に楽に取り付けるならばハンドプレス機二段式SM型等、製品名称「二段式」の表記がある製品をご検討ください。

パーツラボのハンドプレス機一覧に戻る

ハンドプレス機(ゴム手)のご注意

初めて当店でお買元になる際は「ハンドプレス機へのよくあるご質問」も一緒にご一読ください。

  • ハトメ・アイレット・カシメ・ホックの取付はハンドプレス単体それだけでは出来ません。金具にあわせた打駒が必要です。
  • 塗装は手作業で一つ一つ行っているため、ムラがあります。
  • 出荷時に完全に乾いてない場合は、お客様のお手元で数日間乾かしていただきますようお願いします。
  • ハンドプレスのピストン部分にジュリス(機械油)を塗っております。場合によっては、ご使用の素材(革や布)に付く場合がありますのでご注意ください。
  • ハンドプレス機上駒のネジ規格は、JIS規格2分5厘のインチネジ(表示は5/16)です。mmに変換したときの実寸は7.938mmです。

パーツラボ工具一覧に戻る

当店のハンドプレス機(ゴム手)の位置付け

パーツラボ工具一覧に戻る