カシメ・ハトメ専門店パーツラボ

穴の直径7mm「ハトメ500足長」、足の長さ8mmの厚い物用

ハトメ500足長

「ハトメ500足長」は、当店販売中のハトメ500の少し本体が長くなったタイプです。 ハトメ本体の高さが8mmと通常のハトメ500よりも2mm長い本体のため、取り付ける革や布の合計厚み6mm程度までのものに対応します。

ハトメ500の表面はこのように仕上がります 本体の足が長いというだけで、表面の仕上がりは普通のハトメ500と同じです。 取り付けた後は直径6.5mmの穴の周囲に2.5mm幅の均一な金属縁がグルッとできます。 ハトメ全般そうですが、画像のようにドーナッツのような穴を囲う金属のリングが出来て、そのリングの太さが本製品は2.5mm幅になるということです。

尚、取り付けもハトメ500と同じく、ハンドプレスをお持ちの方は、打駒:アイレット20用をセットすることで打つことができます。 初めての方はハンドプレスを使ったハトメの留め方をご参照ください。

少量しか打つ予定のない方はハトメ500入門セットをどうぞ。 詳しくは手打ち工具を使ったハトメの取付け方をご参照のうえお取り付けください。

ハトメ500足長

ハトメ500足長(ニッケル鍍金)

ハトメ500足長(ニッケル)寸法

名称 ハトメ500足長
サイズ 外径7mm、傘径11.5mm、高さ8mm
材質 真鍮
加工 ニッケル鍍金
個数 1袋12セット入
価格 200円

ハトメ500足長は材質に真鍮を使っており、鉄に比べて柔らかく加工しやすいのが特徴です。 真鍮は亜鉛と銅の合金ですので、酸化した場合も緑青とよばれる青緑色の錆が出るだけで、赤茶けた鉄錆が出てきません。

ただいま当店パーツラボでは、材質を真鍮の本体にシルバー色のニッケル鍍金をかけたものを販売しています。

ハトメ500の裏はこのように仕上がります

裏面の仕上がりもハトメ500と同じです。 付属の座金が弁のような働きをする、「丸潰し」と呼ばれるタイプで、裏面が割れません。二重の金属縁ができるのが特徴です。

裏面が割れるハトメについては菊割ハトメとはをご一読ください。丸潰しの特徴も合わせてご説明しています。

また掲載写真は分かりやすいように拡大していますので、ご購入の際にはハトメ500足長の寸法数値をよくご確認いただきますようお願い致します。 実際の商品の色はご覧のモニターにより、実際のニッケル鍍金の色味と異なる場合があります。

パーツラボのハトメ(丸潰し)一覧