カシメ・ハトメ専門店パーツラボ

直径7mm「ハトメ500」の金具とハトメ打ち工具の販売

ハトメ500

当店のアイレット20とハトメ500を取付けたときの(表面)の仕上がり 7mm穴の「ハトメ500」は、当店販売中のアイレット20とほぼ同じ寸法で、同じ工具がお使い頂けます

ハトメ500の傘径は約11.5mmですので、取付けるとの穴の周囲に幅2.5mmの均一な縁ができます。このハトメ#500は靴紐や紐通し用の穴補強に広く使われている昔ながらの番手。 ハトメ本体の高さが6mmですので、取り付ける革や布の合計厚みは4mm程度までをお勧めしています。

もっと厚いものにお取り付けを考えている方は長さ8mmの足長タイプもあります。またもっと薄いものに使いたいという場合は高さ5mm程度の足短タイプもあります。 いずれも場合も、ご入用の方は(ロットが少々多くなりますが)一度お問い合わせください。

ハトメ500の取り付け

さて取り付けの工具には、ハンドプレスをお持ちの方は、打駒アイレット20用をセットすることで、簡単に失敗なくハトメを取り付けることができます。 詳しくはハンドプレスを使ったハトメの留め方をご参照ください。

まだ少量しか打たない、とりあえず初めてで試してみたい!という方にはハトメ500入門セットをご用意しています。 当店案内中の手打ち工具を使ったハトメの取付け方をご参照のうえ、ハトメ500をお取り付けください。

ハトメ500

真鍮製ハトメ500(ニッケル鍍金)

真鍮製ハトメ500寸法

名称 ハトメ500
サイズ 外径7mm
傘径11.5mm
高さ6mm
材質 真鍮
メッキ加工 ニッケル鍍金
個数 1袋15セット入
価格 200円

本製品はネコポス便では発送できません。

当店のアイレット20とハトメ500の違い(裏面)

当店販売中のアイレット20と表面の仕上がりはさほど変わりませんが、裏面がやや異なります(座金の違いによるものです)。 当店ではアイレット20の方が色のバリエーションを持っておりますが、裏面の違いをご参考のうえご都合のよい方をお選びください。

販売中のハトメ500は真鍮製で、高品質なハトメです。 真鍮は亜鉛と銅の合金で腐食につよく、酸化した場合も緑青とよばれる青緑色の錆が出るだけです。

掲載図はハトメ500入門セットハトメ抜き7mmを使って取付けたときの仕上がりの裏面です。 中心にプックリドーナッツ型のリングができ、座金を弁のように使って留めるため、二重の金属縁ができる仕組みです。 当店のこのような(裏面が割れない)仕上がりのハトメ丸潰しと呼ばれるタイプとなり、裏面の見栄えが非常に美しく仕上がります。

裏面がパッと放射線状に割れて仕上がる「菊割れ」のハトメについては「菊割れハトメとは」をご一読ください。 ハトメ500菊割のハトメも別途お取り寄せは可能ですので、ご希望の方はお手数ですが当店パーツラボへお問い合せください。

この写真は分かりやすいように拡大していますので、ご購入の際には寸法数値をよくご確認いただきますようお願い致します。
実際の商品の色はご覧のモニターにより、写真と異なる場合があります。

パーツラボのハトメ(丸潰し)一覧

ハトメ500入門セット(ハトメ500用手打ち棒+ハトメ500)

ハトメ500入門セット
名称ハトメ500入門セット
セット内容
  • 入門用ハトメ500打ち棒1本+皿1個
  • 以下からお好きなハトメ500を1袋
    • 真鍮製ハトメ500ニッケル(15セット入)
材質打棒:鉄/ハトメ500:真鍮
製造日本
価格3000円

▼セット内容をお選びください

  • 入門用・ハトメ500専用打棒×1本
  • ハトメ500:
  • オプション:
  • 数量:

ハトメ500が打てる手打ち工具と、お好きなハトメ500を選んでご購入いただけるセット商品です。 内容はアイレット20入門セットと同じですが、セットする金具がハトメ500のみとなります。

事前に7mm穴をあけた方がスムーズにお取り付けできます。この入門セットではハトメ抜き7mmをお持ちでない方用に割引価格でセット追加できます。

初めてハトメを取付けなさる方は、手打ち工具を使ったハトメの取付け方をご参照のうえ、お取り付けください。

パーツラボのハトメ(丸潰し)一覧